HOME > 「丸パン」の作り方 トースター編

「丸パン」の作り方 トースター編

パン作りが初めての人でも簡単に作れるレシピを紹介。
オーブン不要!発酵器不要!お家にある道具で手軽にパン作りに挑戦。

【スケジュール例】
夜、こねる→冷蔵庫で1晩発酵→翌朝、成形して焼く
★夜のうちにこねておけば、翌朝は焼き立てのパンが食べられる!

材料

  • 国産強力粉

    200g

  • インスタントドライイースト

    2g

  • 砂糖

    12g

  • 3g

  • 牛乳

    100cc

  • 40cc

  • 有塩バター

    10g

道具

  • ゴムベラ

  • 包丁

  • ハサミ

  • ボウル(大)

  • ボウル(小)

  • オーブントースター

 

レシピ作業時間目安:20分※発酵、焼き時間は除く

1

こねる

ボウル(小)に牛乳、水、インスタントドライイーストを入れ、約1分置く。
ボウル(大)に強力粉、砂糖、塩を入れ、全体を均一にゴムベラで混ぜる。
ボウル(大)にボウル(小)の中身を入れ、
粉っぽさがほとんどなくなり、まとまるまでゴムベラで混ぜる。
まとまったら、ゴムベラについた生地を取り、手でこねる。
指先で生地を伸ばし、折りたたむようなイメージ(目安は2〜3分)。
生地の水分が均一になったら、丸めてボウルに入れ、ラップをして5分置く。
5分経ったら、生地を軽く丸め直す。
生地の上にバターを置き、手で握りつぶすようにもみ込む。
バターが生地にある程度入ったら、光沢がなくなるまで手でこねる。
指先で生地を伸ばし、折りたたむようなイメージ(目安は6回前後)。
生地の表面がピンとはっていたら、生地を丸め、密閉容器に入れる。

2

発酵

冷蔵庫に最低8時間入れ、発酵させる。
たて・よこ全体で1.5〜2倍に膨らんでいたらOK。
※生地は冷蔵庫で3日程度もつ。
発酵後、すぐに焼けない場合は、そのまま冷蔵庫保存でOK。

3

成形

生地に打ち粉(分量外の強力粉)をして、周りに手を入れてながら密閉容器から外す。
打ち粉をした台の上に置き、8等分に切り分ける。
生地に打ち粉をつけ、手前から奥へ半分にし、90度回転して手前から奥へ半分、また90度回転して手前から奥へ半分と同じことを3回繰り返す。
とじ目をしっかりと閉じ、とじ目を下にして天板の上に並べる。
ハサミで上1cm程に切れ目を入れる。

----フワっとしたパンがお好みの方はここで2次発酵!----
常温で夏場15分、冬場25分目安で置く。
見た目には約1.3倍。ひと回り大きくなったらOK!

4

焼く

オーブントースター(1200W)で約15分焼く。
途中で表面が焦げてきたら、アルミホイルをのせて焼く。

監修:吉永 麻衣子
子連れOKの自宅パン教室minna(みんな)主宰。2児の母。
一般企業に6年間勤務後、大手パン教室の立上げやカフェのキッチン、専門学校の講師を経験。パン教室の講師が集まるサークル「hug」の代表。
パン教室minnaはコチラ
http://minnadepan.com

トースター編のおすすめ動画はこちら!

「レーズンちぎりパン」の作り方 トースター編

パン作りが初めての人でも簡単に作れるレシピを紹介。
オーブン不要!発酵器不要!お家にある道具で手軽にパン作りに挑戦。

【スケジュール例】
夜、こねる→冷蔵庫で1晩発酵→翌朝、成形して焼く
★夜のうちにこねておけば、翌朝は焼き立てのパンが食べられる!

材料

  • 国産強力粉

    200g

  • インスタントドライイースト

    2g

  • 砂糖

    14g

  • 3g

  • 牛乳

    120cc

  • 20cc

  • レーズン

    45g

道具

  • ゴムベラ

  • 包丁

  • ボウル(大)

  • ボウル(小)

  • オーブントースター

 

レシピ作業時間目安:20分※発酵、焼き時間は除く

1

こねる

ボウル(小)に牛乳、水、インスタントドライイーストを入れ、約1分置く。
ボウル(大)に強力粉、砂糖、塩を入れ、全体を均一にゴムベラで混ぜる。
ボウル(大)にボウル(小)の中身を入れ、
粉っぽさがほとんどなくなり、まとまるまでゴムベラで混ぜる。
まとまったら、ゴムベラについた生地を取り、手でこねる。
指先で生地を伸ばし、折りたたむようなイメージ(目安は2〜3分)。
生地の水分が均一になったら、丸めてボウルに入れ、ラップをして5分置く。
5分経ったら、先ほどと同じ要領で、
表面がつるんとするまで、手でこねる。(目安は約10回前後)
打ち粉(分量外の強力粉)をひいた台に、生地を置き、レーズンをのせる。
包丁で生地を半分にカットし、重ねて、手で上から押さえる(約3回繰り返す)。
生地の表面がピンとはっていたら、生地を丸め、密閉容器に入れる。

2

発酵

冷蔵庫に最低8時間入れ、発酵させる。
横に1.5〜2倍に膨らんでいたらOK。
※生地は冷蔵庫で3日程度もつ。
発酵後、すぐに焼けない場合は、そのまま冷蔵庫保存でOK。

3

成形

手に打ち粉をつけ、適当な大きさに伸ばしながら、
オーブンシートの上に生地を出す。
生地に打ち粉をつけ、包丁で切れ目を入れて8つに分ける。

4

焼く

手に打ち粉をつけ、適当な大きさに伸ばしながら、
オーブンシートの上に生地を出す。
生地に打ち粉をつけ、包丁で切れ目を入れて8つに分ける。

監修:吉永 麻衣子
子連れOKの自宅パン教室minna(みんな)主宰。2児の母。
一般企業に6年間勤務後、大手パン教室の立上げやカフェのキッチン、専門学校の講師を経験。パン教室の講師が集まるサークル「hug」の代表。
パン教室minnaはコチラ
http://minnadepan.com

関連レシピ

フライパン編のおすすめ動画はこちら!

トースター編シリーズの最新レシピ

もっとみる