HOME > [2日目]鮭のムニエル+2品の作り方|30分で3品PART12

[2日目]鮭のムニエル+2品の作り方|30分で3品PART12

30分で効率よく3品(1食)作る段取りレシピを、ノンカット形式でご紹介♪
・3日でメイン食材を全て使い切るレシピ材料設計なので、冷蔵庫の余り物もナシ!
・見ながらリアルタイムで調理すれば、プロの料理家の段取りで、手早く献立完成!

PART12は、人気料理家のちょりママさん監修の、「子どももよろこぶ!お魚料理」。
2日目は、「鮭のムニエル」「クリーミーベーコンポテト」「トマトとアボカドのサラダ」の3品献立を実演♪

材料(4人分)

  • 《鮭のムニエル(171kcal/1人あたり)》

  • 生鮭

    4切れ

  • ゼラチン(顆粒タイプ)

    1袋(5g)

  • 白ワイン

    大さじ2

  • オリーブ油

    大さじ1

  • バター(有塩)

    10g

  • 塩、胡椒

    各少々

  • 薄力粉

    適量

  • 《クリーミーベーコンポテト(172kcal/1人あたり)》

  • じゃがいも

    3個(約450g)

  • ベーコン

    2枚

  • 牛乳

    50cc

  • バター(有塩)

    20g

  • 小さじ2/3

  • 胡椒

    少々

  • 刻みパセリ

    適量

  • 《トマトとアボカドのサラダ(98kcal1人あたり)》

  • トマト

    2個(300g)

  • アボカド

    1個

  • オリーブ油

    大さじ1

  • 大さじ1

  • 小さじ1/3

  • 胡椒

    少々

 

レシピ作業時間目安:30分

1

《クリーミーベーコンポテト》

じゃがいもは皮をしっかりと洗い、厚さ0.5cmのいちょう切りにする。
ベーコンは幅1cm程度に切る。

2

《クリーミーベーコンポテト》

耐熱皿にじゃがいもを入れて塩、胡椒をしてからめ、牛乳を回しかける。
ベーコンを散らし、バターを小さく切って散らす。
ふんわりとラップをして蒸気を逃す場所を2~3か所作る。600Wの電子レンジで13分加熱する。

3

《鮭のムニエル》

メカジキに砂糖、塩をふる。10分ほどおいて下味をつける。

4

《トマトとアボカドのサラダ》

トマトはひと口大に切る。
アボカドは種をとり、ひと口大に切る。

5

《鮭のムニエル》

鮭に茶こしで薄力粉をまぶす。
フライパンにバターを入れて中火で熱し、鮭を皮の面を下にして、両面中火で焼く。
焼きめがついたら白ワインを回しかけ、中弱火で4〜5分焼いて火を通す。

6

《クリーミーベーコンポテト》

そのまま5分程度蒸らす。
じゃがいもを軽く崩すように混ぜて皿に盛る。お好みでパセリと散らす。

▶調理のポイント!
《鮭のムニエル》
定番の鮭のムニエルとしっとりとやわらかく、うまみをアップさせるのは、魔法の粉「ゼラチン」。
保水性とアミノ酸をもつゼラチンの効果を発揮する。
《クリーミーベーコンポテト》
切る・和える・加熱する。
ラップは空気の抜け道を作ることがポイント。
《トマトとアボカドのサラダ》
火を使わずにできる簡単マリネサラダ。季節に応じた野菜でできるので覚えておくと便利。

■3日で使い切る材料(買い物リスト):
メカジキ:4切れ
鮭:4切れ
真サバ:3切れ
絹豆腐:1丁
ベーコン:2枚
ちくわ:5本
切り干し大根:30g
きゅうり:1本
かぼちゃ:400g
にんにく:1片
じゃがいも:3個
トマト:4個
アボカド:1個
しょうが:2片
白菜:1/4カット
大葉:5枚
白髪ねぎ:適量
刻みパセリ:適量

■補足
※ 材料テロップ
・分量指示無い場合は、レシピ内で準備した該当食材全量となります。
※ 電子レンジなどの利用で、全く作業が無い待ち時間が発生するレシピ等では、視聴者への提供価値観点で、省略させていただく場合もあります。


■監修
★監修・出演
ちょりママさん(調理師・食育アドバイザー)
https://roca-artists.com/chorimama/

★協力
「Nadia/ナディア」いつもの食卓を少し特別に
https://oceans-nadia.com

★ライフシアターyoutubeチャンネル
チャンネル登録で最新レシピをゲット♪
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=actionlifetheatre

関連レシピ

リアルタイムレシピは3日で材料使い切り!
PART12の1日目・3日目はコチラ♪

「30分で3品」関連レシピ

もっとみる