HOME > [3日目]「小松菜とツナのしょうが醤油炒め」「ねぎと桜えびのスクランブルエッグ」の作り方|15分で2品Part1

[3日目]「小松菜とツナのしょうが醤油炒め」「ねぎと桜えびのスクランブルエッグ」の作り方|15分で2品Part1

15分で効率よく2品(1食)作る段取りレシピを、ノンカット形式でご紹介♪
・3日でメイン食材を全て使い切るレシピ材料設計なので、冷蔵庫の余り物もナシ!
・2品一緒に完成するので、できたてを食べられる。
・見ながらリアルタイムで調理すれば、プロの料理家の段取りで、手早く献立完成!

PART1は、料理研究家の高橋善郎さん監修の、「意外と簡単な創作和食」。
3日目は、「小松菜とツナのしょうが醤油炒め」「ねぎと桜えびのスクランブルエッグ」をご紹介!

材料

  • <2人分>

  • 小松菜

    1袋(4わ)

  • ツナ缶

    1缶

  • しめじ

    1袋

  • 塩、粗挽き黒こしょう

    少々

  • サラダ油

    大さじ1

  • [A]しょうゆ

    小さじ2

  • [A]しょうが

    小さじ1と1/2

  • [A]酒

    小さじ1

  • 4個

  • 長ねぎ

    1本

  • 桜えび

    5g

  • しょうゆ

    大さじ1

  • サラダ油

    大さじ1

  • みりん

    小さじ1

  • 塩、粗挽き黒こしょう

    少々

 

レシピ作業時間目安:15分

1

15分2品の手順

1:《小松菜とツナのしょうが醤油炒め》
小松菜を3~4cm幅に切る。このとき、茎と葉の部分を分けておく。しめじの石づきをおとす。ツナ缶の汁気を軽く切る。
2:《ねぎと桜えびのスクランブルエッグ》
長ねぎを2~3mm幅斜め切りにする。
3:《小松菜とツナのしょうが醤油炒め》
フライパンにサラダ油を加え、温める。
調味料Aをあわせる。
茎としめじをフライパンで炒める。
茎に焼き色がついたら葉の部分と塩・こしょう、調味料Aを加え、さっと炒める。
4:《ねぎと桜えびのスクランブルエッグ》
ボールに卵を割り入れる。
卵に桜エビ・調味料を加える。
フライパンにサラダ油を加え、温まってきたら長ネギを加える。
卵を加え、半熟で完成。

▶調理の︎POINT!
《小松菜とツナのしょうが醤油炒め》
小松菜のくきと葉の部分を別々で加熱すること。
《ねぎと桜えびのスクランブルエッグ》
卵は溶き過ぎない。加熱しすぎない。

■3日で使い切る材料(買い物リスト):
豚ひき肉 200g
玉ねぎ 1個
じゃがいも 2個
ベーコン 70g
アボカド 1個
生ハム 40g
もやし 1袋
ザーサイ 60g
小松菜 1袋(4わ)
ツナ缶 1缶(70g)
しめじ 1袋
卵 4個
長ねぎ 1本
桜えび 5g

※ 材料テロップ
・分量指示無い場合は、レシピ内で準備した該当食材全量となります。
※ 電子レンジなどの利用で、全く作業が無い待ち時間が発生するレシピ等では、視聴者への提供価値観点で、省略させていただく場合もあります。

■ 監修
★ 監修・出演
高橋善郎さん(料理研究家)
https://nadia-artists.com/takahashi/

★協力
「Nadia/ナディア」いつもの食卓を少し特別に
https://oceans-nadia.com

★ライフシアターyoutubeチャンネル
チャンネル登録で最新レシピをゲット♪
https://www.youtube.com/user/actionlifetheatre

「15分で2品」関連レシピ

もっとみる